お気軽にお問合せ下さい

TEL:048-993-3511

用語解説

組立簡単!B式底張りワンタッチ箱ってどんな箱?

B式底張りワンタッチ箱の特徴

底面2か所を糊付け

B式底張りワンタッチタイプも、他のB式箱と同様に、側面一カ所で糊付けされて身の部分が筒状になっており、フタは身に差し込みます。

他のB式箱との大きな違いは底面2か所を糊付けしてあり、折りたたまれている箱を起こすだけで自動的に底が組みあがることです。

組立簡単!ガムテも不要!

紙・ダンボール・PETいずれの素材でも作ることができますが、弊社で規格・既成品として取り扱っているのは、ワンタッチダンボールと、PET素材のクリア底張りワンタッチ箱のみとなっています。

B式底張りワンタッチ箱の気になる点

制作コストが若干高い

オリジナルで製作するには抜き型が必要となり、貼り加工が多いため若干製作コストがかかります。

貼り加工が多い分コストはかかりますが、みかん箱のようにガムテープで封をしたり、底ロック箱のように底を組み込んだりしなくて済むため、梱包作業の時間を短縮することができます。
出荷数量が多い業者様には特におすすめです。

厚みが少しある

底の部分は貼ったうえで内側に折り畳まれた状態になりますので、納品時の状態はみかん箱やN式箱、他のB式キャラメル箱やB式底ロック箱などにに比べて厚みがでます。

-用語解説
-,

Copyright© 基本を押さえて不安解消!初めてのオーダーメイドの箱作り , 2020 All Rights Reserved.